HOME > 詳細 > アメリカ経済政策史 -- 戦後「ケインズ連合」の興亡
同一ジャンルへ: 経済政策
アメリカ経済政策史

アメリカ経済政策史 -- 戦後「ケインズ連合」の興亡

萩原 伸次郎/著


1996年04月発売
A5判 , 294ページ
定価 3,240円(本体 3,000円)
ISBN 4-641-06768-6


経済政策
個別テーマの解説書

○在庫あり

戦後アメリカ経済政策の基軸を規定してきた「ケインズ連合」とは何か。航空機・鉄鋼・自動車など基幹独占産業と軍産官複合体の詳細な分析を通じて,その形成・発展・崩壊のプロセスを解明する。アメリカ経済の政治的・産業的・階級的な政策基盤を剔出した待望の力作!
目次
《主な目次》
 序 章 ケインズ政策の歴史的源流
  はじめに/全国産業復興法と独占問題/補整的財政支出政策と輸出積極主義への転換
第1編 ケインズ連合の成立
 第1章 アメリカ資本主義の基礎過程
  はじめに/寡占企業の基本構成/財政・金融政策の確定
 第2章 ケインズ政策と不況克服
第2編 ケインズ連合の危機
 第3章 国際競争と寡占企業の多国籍化
 第4章 ケインズ連合危機の構図
第3編 ケインズ連合の崩壊
 第5章 国際競争の激化と寡占企業の投資行動
 第6章 現代マクロ政策の展開
 終 章 現代経済政策の特質――ケインズ連合の崩壊がもたらしたもの 
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016