HOME > 詳細 > 日本企業の競争戦略 -- 成熟産業の技術転換と企業行動
同一ジャンルへ: 経営学
日本企業の競争戦略

日本企業の競争戦略 -- 成熟産業の技術転換と企業行動

新宅 純二郎/著


1994年08月発売
四六判 , 266ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 4-641-06712-0


経営学

○在庫あり

日本企業が世界市場で強力な外国企業を駆逐し圧倒的なシェアを得たのは何故か。そこでは,既存の競争概念や戦略論の通説を超える何かが起きていた。激しい技術革新と製品変化を経験したカラーテレビ,クォーツ時計,電卓のケースを徹底分析し,戦略研究に新地平を拓く。
目次
《主な目次》
第1章 脱成熟と技術革新の効果
 成熟産業の脱成熟
 保守的なイノベーションの累積的効果
 ラディカル・イノベーションの破壊的効果/他
第2章 脱成熟による国際競争力の逆転――カラーテレビ産業の日米比較
 日米テレビ産業の発展
 コスト競争力の比較
 技術転換の影響と日米企業の対応
 競争の影響/他
第3章 成熟期の競争戦略と脱成熟――ウォッチ産業の事例分析
 ウォッチ産業における脱成熟
 機械式ウォッチの成熟過程における競争戦略
 クォーツ式ウォッチの登場による脱成熟
 既存企業の脱成熟への対応の相違/他
第4章 再成熟化過程における機能向上とコスト低下――製品進化モデルと電卓の市場拡大プロセス
 製品進化のモデル
 電卓の製品進化と市場拡大のプロセス
 フルライン戦略の重要性

受賞

平成7年度 組織学会高宮賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016