HOME > 詳細 > 消費者法
同一ジャンルへ: 経済法
消費者法

消費者法

法律学大系 > 法律学大系

大村 敦志/著


1998年10月発売
A5判 , 408ページ
定価 4,104円(本体 3,800円)
ISBN 4-641-00792-6


経済法 > 消費者保護法

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし
受賞

消費社会の進展とともに顕在化した消費者問題に,どのような法的対応をすべきかが大きな課題となっている。本書は,消費者問題が有する多様性,規範の異質性を超えて,原理による消費者法の体系化をめざした,わが国初の注目すべき体系書である。
目次
《主な目次》
 序 章 消費者法とは何か
第1編 消費者法の規範内容・1――ミクロ消費者法の構造
 第1章 消費者契約の過程
 第2章 消費者契約の構造
 第3章 消費者契約と不法行為法・業法
第2編 消費者法の規範内容・2――マクロ消費者法の構造
 第1章 本来的な消費者行政
 第2章 並行的な消費者行政
 第3章 当事者の活動――行政との共働・行政への応答
第3編 消費者法の実現過程
 第1章 権利の実現
 第2章 法=権利の実現

受賞

第22回(1999)神戸賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016